BLOGPARTS

    丁寧に書くことによって見える人柄もあります

    履歴書などは、転職に成功するための最重要ツールです。まず、これらの書類を提出して、書類選考後に面接、という企業が大半です。なので、履歴書は、その会社が応募者を見る一番初めのものなので、細心の注意で、採用担当者の評価に値する書類を作ることが、転職できる第一関門となるわけです。これらの書類は、自分の分身であると考えてもいいと思います。作成にあたって、書き方には、テクニックがあります。


    履歴書を作成する前に、まず、自分を振り返ってみることが必要です。自分が分からなければ、拙速に企業に応募しても、どうのようにアピールすればいいのか迷ってしまいます。履歴書にたくさんのことを書き込んでも、相手企業の希望する内容と違ってしまっては意味を成しません。いままでの経験や仕事上での実績を紙に書いてみましょう。ていねいに書かなくてもいいです。

    思いついたら何でも残さず書いておきましょう。

    次に応募先を決めたら、業務内容などを徹底して調べてください。その会社の業種に限らず、募集の仕事の内容やポジションなどもきちんと把握します。そうすることで、自ずからその企業がどんな人物を期待しているのかが分かるはずです。次の段階として、過去の経歴を見て、募集企業にアピールできるものを選んでください。

    とくに履歴書では、相手企業で評価されそうな経験やスキルを選んでアピールすれば、担当者の目に留まる書類を作成することができます。また、長々とたくさん書くのと、必要な事をきちんと書くということは別物です。採用担当者が読みやすいような簡潔な文章にしましょう。体裁にも気を使うといい書類ができるでしょう。応募書類に時間をかけて上手に作成することで、採用率は数段上がるでしょう。